NEWS

朝日新聞社が運営する「A-Port」にてクラウドファンディングの募集を開始しました。ぜひご支援をよろしくお願いします
「WATCH2022: For a Sustainable Future」公式サイトがオープンしました

WATCH2022とは?

「WATCH 2022: For a Sustainable Future」は、SDGsをテーマにした海外ドキュメンタリー作品を上映し、また作品テーマに関連するトークセッションなどを行う、参加無料のオンラインイベントです。
コロナ禍でさまざまな機会を喪失してきた大学生の支援と、そんな学生たちとの活動の成果を社会に還元することを目指して企画されたもので、実務型インターンシップとして作品の字幕翻訳やトークセッションの企画・運営を現役大学生・大学院生が中心となって行うのが大きな特徴です。
本イベントが観客の皆さん、そして運営に携わる学生たちにとって、世界で起こっている社会・環境問題をより深く知り、自分の行動を変えていくきっかけになることを願っています。

開催概要

WATCH 2022 大学生が翻訳して、考えて、語る。ことばと映像で知るSDGs
  • 開催期間:
    2022年2月26日(土)~3月13日(日)
  • 開催方法:
    ラーニングプラットフォーム「JVTA Online」にて
    • 映像はオンデマンド方式で配信
    • トークイベントはZoomでライブ配信
  • 形式:
    オンライン
  • 参加料:
    すべて無料・要事前申し込み
  • 主催:
    日本映像翻訳アカデミー株式会社(JVTA)

主催会社について

JVTA 日本映像翻訳アカデミー

1996年設立。映像や動画の字幕・吹き替え翻訳を担う映像翻訳のプロを養成する、社会人向けの職業訓練校。東京、ロサンゼルス、モスクワを拠点に、これまでに6000人を超える修了生を輩出している。
また、国内外の大学から小学校までさまざまな教育機関と連携し、“真のグローバル人材”を育むための各種講義を行っている。
(青山学院大学、東京外国語大学、ニューヨーク大学、ゲント大学、ウィーン大学、三田国際学園高校、東京都中央区立常盤小学校など)
国連UNHCR協会が主催する難民支援のための映画祭「WILL2LIVE Cinema」に字幕を無償提供するなど、映画祭への協力も多数。
2020年からは「J-Anime Meeting in Russia」を主催している。

上映作品

※視聴申し込み受付開始は1月下旬ごろを予定しています。申し込み可能になった作品には、申し込みページへのボタンが表示されます。
※お申し込みは作品ごとに受け付けます。

  • 『Motherload』

    2019年/81分/アメリカ合衆国/監督 Liz Canning/日本語字幕つき

    監督自らの経験から、「カーゴバイク」を移動手段に用いた子育てへの探求を描いた作品。自動車社会であるアメリカにおいて、子供を乗せた毎日の車移動は環境への負担だけでなく母親の疎外感・隔絶感にも大いに寄与していた。自由と冒険を求め、ペダルを漕ぐ。

  • 『Turning a Page』

    2020年/トリニダード・トバゴ/11分/Miquel Galofre監督/日本語字幕つき

    トリニダード・トバゴにある、リサイクル団体で活動する障害を持った若者たちを紹介する短編ドキュメンタリー作品

特別招待作品

  • 『マイクロプラスチック・ストーリー ~ぼくらが作る2050年~』

    2019年/ 76分/アメリカ合衆国/監督 佐竹敦子・デビーリー・コーヘン

    ニューヨーク、ブルックリンの5年生たちが世界的に大きなプラスチック汚染問題を学び、彼らの視点でこの問題の根幹が何かを問いただし、解決に向かって自分たちのコミュニティーからアクションを広げて行くまでの2年間を追った長編ドキュメンタリー。子供たちの素朴な疑問を丁寧に重ねていきながら、専門家がそれに答えて行き、そしてアニメーションをふんだんに使ってこのプラスチック汚染問題を子供から大人までわかりやすく解き明かしていく。

    本作は日本映画界の新しい才能を発掘し、現代日本文化を通じた日米間の交流を目的とした映画祭Japan Film Festival Los Angeles 2021にてBest SDGs Award(Presented by JVTA)を受賞。その縁で今回の特別招待上映が実現しました。

トークイベント

イベントは現在企画中です。決定次第、公式ページでもお知らせいたします。

学生の関わり

本イベントでは、現役大学生・大学院生が作品の字幕翻訳やトークセッションの企画・運営を中心となって行います。現時点で、SDGsに強い関心を持つ学生や字幕翻訳を体験してみたい学生など、約20名が本イベントの主旨に賛同して参加。 Slack、 BOX、 Google Drive、ZoomなどのICTを最大限に活用し、 ⻑期でのプロジェクト業務に⽇々取り組んでいます。

学生たちがまず行うのは徹底的なリサーチです。上映作品で描かれている社会課題やその背景を調べ、さらに学生同士で情報・意見交換を行いながら理解を深めていきます。そのうえでオンラインでの自主勉強会やディスカッション、ミーティングを重ね、プロからのフィードバックなどを繰り返し受けながら字幕翻訳を完成させます。

また、作品やSDGsに関連したトークセッションも、企画書の作成から始まり、テーマの設定、登壇者の選定・交渉、台本の作成など、すべて学生が主体となって行います。 視聴者だけでなく、こうした活動を通して学生たちもまた語り合い、学び合いながら成長する。それがこのイベントの重要な要素となっています。

ご支援のお願い

本イベントは、コロナ禍でさまざまな機会を喪失してきた大学生の支援、そしてそんな学生たちとの活動の成果を社会に還元することを目指して企画されたオンラインイベントです。多くの方に気軽にご視聴いただくために、イベントへの参加費は無料となっていますが、作品の上映権利料、ゲスト招請、外部の翻訳者による校閲、広報宣伝などに費用がかかるため、ぜひ皆さんのご支援をお願いしたく、朝日新聞社運営の「A-Port」にてクラウドファンディングを実施しています。ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

scroll